浮気の調査を依頼

調査依頼を正しく探偵に伝えなくてはいけない

一般的に見ても法律的に見ても、浮気調査と不倫調査は全く性質が異なります。 探偵に浮気調査を依頼するときには、調査の依頼が浮気調査である旨をきちんと伝えなくてはいけません。 そうしないと、正しい調査をしてもらうことができなくなってしまう可能性もあるのです、 基本的に、浮気には法律的な問題はほとんどついてきません。 なぜかというと、法律上の不貞行為には当たらないからです。 浮気は恋人同士で成り立つ概念であって、当人同士の気持ちの問題です。 そのため、浮気があったからといってただちに法律的な問題に直面することはないのです。 その点、不倫は法律上の不貞行為として扱われるため慎重に調査されなくてはいけません。 探偵に依頼をするときには、この二つの違いを理解してから行いましょう。

浮気調査の費用はそれほど高くはない

浮気調査の費用は、探偵に対して必要な情報を渡しておくと非常に小さな費用で依頼することが可能です。 浮気調査をするときには、恋人の名前や住所などをきちんと探偵に教えておくことが大事です。 顔写真などがあればそれを渡しておくことで、短期間で浮気をしているかどうかを確認することが可能です。 浮気に関する費用は、一日で終わるような案件ならば3万円から5万円程度の費用で請け負ってもらうことができます。 依頼人のほうで特定の日にちが怪しいなどの情報を与えておくとピンポイントで調査を行ってくれるため時間がかかりません。 浮気調査は探偵にとって最もやりやすい仕事の一つであるため、必要な情報があれば驚くほど早い時間で結果を出してくれるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加